音楽中心に徒然なるままに。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 君のいない世界なら死んだって構わない。 | main | 寄生した日常。 >>
六畳間のプラネタリウム。
少し明るい光で照らしたら一瞬で消えてしまう、
でも確かにそこにあった光が好きなんだ。

記憶にリンクする何か。
そして何よりその核が怖くて。

でも、同じじゃないからきけたりもして。
少し口角があがって胸がギュッとする。
これは何かに似てるよね。
スポンサーサイト