音楽中心に徒然なるままに。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

たしざんひきざん。
なにかが埋まると何かが消えて、
また別の何かで埋まるとまた消えてしまう。

それは摂理的なもののような気がして、
ひどく悲しいなぁと思わなくもない。

そして結局ここで吐き出すことでしか、
できない感情もあるわけで、
だからこそここを消さないのだろうけれど。


少し前にここの日記をだいぶさかのぼって、
読んでいたらだいぶ、抽象的にかいてあって、
結局なんのことだったのかわからなくなってしまったことがいくつかある。
でもそのくらいが記すとしたらちょうどいいのかもしれない。


自分の中にある悪い癖をいくつか自覚していて、
それの一つ一つが成長してるような気がして。
その中に親しくなると、すこし狂気がにじんでくるのです。
いじめたい、みたいな。いじってあげたい、みたいな。
それって、ひどく幼稚だしガキんちょが好きな女の子いじめる、
みたいな感じだし、抑えてこその理性なのだけど。

今度はそうすると他人行儀になてしまう。
ゼロかイチか。その中間地点をつくることがこの年になってうまくできない。
だから+と1になってしますし、ひくとゼロになってしまう。

あぁ変えたいな。傷つけずに守り続けたいなぁ。
でもそう思うとたぶんちょっと遠いどこかで、
何かが消えていくんだ。ないものねだりなのかな。
時間の流れに漂う海月。
 

いつの間にか季節はめぐっていて、もうすぐ冬が近づいていた。

フェスも海もキャンプもBBQもそれなりに楽しんでみたりして、
仕事で浴衣なんかもきたりしていた。
夏は意外にも楽しいなぁと思った。


今は、絶賛MMOというやつにはまっていて。
ゲーム名を出すのならばFF14ですね。
これがどうも、はまりやすい仕様になっていて、
平日も休日も基本的に家にいるときは、家事、睡眠以外はやってます。

ksだかkzだかですね。
まぁ今が楽しければいいんじゃないかな、って思う。
何の為にゲームやるのと聞かれれば、それは時間つぶしでしょ?
長い人生に飽きない為の娯楽。

別にその娯楽が、マンガや小説を読む、友達と会う、音楽を聴く、演奏する、
なんでもいいんですよ。単に人生に飽きさせしなければ。
死にたいがなくなればそれでいいじゃない。
とりあえず私は今のジョブがカンストするまでは死ねないわ。

なんてね。言い訳です。もうすぐ結婚するし。
ずっと婿をもらうか、結婚できないかだと思ってたから、
名字が変わるなんて、そんなの想像もしてなかったよ。
あーあ。もうすぐこのイニシャルともおさらばだ。
偽りの青。


よくわからない日々が続く。
可もなく不可もない日常。

そんなに辛いこともなければ、
そんなに楽しいこともない。

何かが足りない。何かは分からない。
パソコンとソフトを買おうかな。
何かを買って埋められるものでもないな。

埋まらない心の隙間。
空白の偽りの青。
一応まだ生きているけど、
いつ死んでもいい、過言ではなさそうなところが切ない。
気づいたら夏。
 

最近時間が経つのが速すぎてどうしよう。

どうしようは相変わらず口癖。
あと、どうでもいいや、が口癖。 

いろいろやりたいなぁと思うことはあるのだけど、 
前向きに取り組んでいけないのは、 何が原因なんだろうかと思う。

模索しても分からないもんは分からないよなぁ。 

何か楽しいことしたいな。
うずうずしたい。
緑と花の匂いに混ざる潮の香り。
 

春が訪れて、ようやく少しずついろんなものが回り始めました。
春がキライだといった彼も、初夏の緑の匂いに、
安心してるのではないかしら。

自然と触れる機会がここしばらくあまりなかっただけに、
半日かけて、ロッキンの会場を歩くというのは、
ぎくしゃくした関係に風をいれられて良い機会になったと思う。

新しいギターエフェクターを買ったし、
そろそろ曲を作り始めようかなぁって思う。
バンドではなくてソロ活動。

自分でボーカルをとるかどうかも全く予定してないけど、
いつもそんなところからスタートしたあれこれだから、
まったりいこうと思う。今のところ、人生は長いから。
負けを認める勇気。

言葉を持つ生き物は言葉で伝えないと伝わらない。
伝えなくても伝わる想いも良いけれど、
それでは言葉をもつ意味がないのだと思う。

はなして、はなして、はなした結果、まとまった。
お互いが勘違いをしすれ違い、戻れる距離にいた。

もうすぐ春が来る。
春がきたらいろいろなところに出かけて、
2人の関係にも風を通して少し埃をおとしてみよう。


----------------------

今週末所属しているバンドが解散する。
仲の良い仲間通しでくんだバンドだから、
いろいろとどうなるのかしらと思っていたけど、
無事にひとつの形となることが本当にうれしく思う。

高校の頃からの付き合いの友達と組むことに、
本当はよく思っていなかった。
彼女は私にとって憧れで、遠くて、それでいてすごく近くにいる。
なにをやっても勝てない。

人間勝ち負けではないし、彼女の努力だってわかるのだけど。
やっぱり悔しくて。
その気持ちは変わってない。
悔しいから彼女の作る楽曲は好きだし、アレンジも浮かぶ。
全てが悔しい。

だから離れてたくもあるけど、一緒にやっていて楽しくもある。
いろいろ自分の中で言い訳を考えて、
自分の中で彼女を悪者にしたこともある。
でも最近そのつけがまわってきてるんだなぁと思う。

だから最後のライブですべて、発散できればいいんだと。
彼女の影はもう追わなくてもいいように、
私は音楽を止めようとすら今は思ってる。


----------------------

遠くに来たけど、結局彼女からは離れられなかった。
もっと大人になるとかそんなうわべだけではなくて、
彼女と共存できるようになりたい。
昔のような親友と呼べる友達に戻りたい。バンドが終わったら、また戻れるかな。
ハピネス。

戻れないあの日、戻れない感情。
さよならも言えずに、ただ立ち尽くし、
すれ違った背中を振り返りも追うこともせず。

どこでボタンをかけ違ったのか思い出せもしない。
いや、ゆっくりと少しずつねじり曲がってしまってしまった。
そしてもうほどきようがないほどにがんじがらめで、
修復は不可能。


根ぐされをおこしてしまっていたら、
所詮切り花ししたっていつか枯れる。
まぁ生きてるもので朽ちないものはない。

次生まれるならなにがいいかな。
確実に生まれ変わることができると知っているなら、
いつ死んでいただろうな。

死んだあとの世界ってみたことないからやっぱり怖いな。
私の思考ってそこでおわるんだよな。
今死ななかったとしてもいつかは終わるんだよな。

「だけどたまに思うんだよ これは永遠じゃないんだって
  だれかの手にまたこの命返すんだ」

やっぱり深いなぁ。
そういえば五十嵐さん、NHKホールでライブやるんだよな。

syrupがききたいな。
五十嵐さんに会いたいな。そんな祝日。今日もお仕事。

SI・GE・KI
音楽を聴いてにやけるという衝動を、
私は暫く抱いていない。
そんな日々は今は遠くて、もう戻れないのだと思う。

去年ライブに何回行っただろうか。
思いださせない。行ったかどうかすら思いださえない。
なんて悲しいのだろう。
友人のライブにはいったけど、
あればライブにいくというか人に会いに行くみたいな間隔。

このブログの表題の下に、
説明文として「音楽中心に徒然なるままに」とあるが、
今妥当なのは「戯言中心にたまに音楽というか雑記」。

*****************

最近の口癖は「どうでもいい」だったりする。
今の生活は可も無く不可も無く。
それはきっと相方も感じていることだと思う。
それでもまだ、私にはあのぬくもりは必要なのだ。
人間が機械みいたいに冷たかったらそうは思わないのだろう。

愛情という大きな丸があったと仮定しよう。
その中に恋人に対する愛、家族に対する愛、友達に対する愛、
音楽や絵、趣味に対する愛、いろいろあって、
最初は具体的な名前があったとしても、
いろいろなものによって溶かされて混ざり合うことは容易で、
最初はなんだったのかも思い出せなくなることだってある。
何が書きたいか分からなくなってしまったなぁ。

*****************

本音を言えば今の日常を壊してくれるものが欲しい。
なんだってかまわない。
こうやって日常のことを考えてしまうのは、
それしか私にないからなのだ。

いや、バンド、仕事、考えてみればいろいろあるけど、
それらは繰り返しになった時点でもう日常。

刺激がほしい。そうなのか?
ふらっと旅にでも出てみようかな。
失踪してみようかな。
きっとしないな、なんだかんだいっても今からは逃げられない。
昨日の今日は明日、只その繰り返し。
 

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

初日の出をみにいった友達に、
昨日の日の出と何が違うのだろうと言われたけども、
実は初日の出にみんなが注目してる間も、
うっすらと白く輝く月のことを私は横目でみていた。

2012年最後に昇った月の運命とは。
それを言うなら2012年最後に昇った太陽の日没を、
私はそんなにじっくりみたいと思っただろうか。

************

年末実家に帰った。所謂帰省というやつである。
家を出て丸4年くらい経つ。
2009年。なんとも遠いようで近いようで遠い昔。

この写真が当時思い描いた夢の六畳間の妄想図。



こちらが実在したお部屋の様子。
ここがある主の私の初めてのお城だった。
いろんな人がきて夜通し呑んでみたり、
一緒に音楽作ってみたり、なんだりしたり。

もちろん落ちた日々もいろいろあったのだけど、
それはなんとも言えない落ち着いた空間で。
今こそあの日々の生活での思いを大事にしたいと思うのですよ。

**********

そんなわけで私は2013年の最後の日没に注目したい。
そんな気持ちでただただ2013年生きていこうと思う。
でじたる。


昨日あんなことを言っていたにも関わらず、
タワレコオンラインでCDを6枚ポチってやったぜ。
ポイントの誘惑はずるいでんな。

タイトル:渚にて
アーティスト:indigo la End
注文数量:1

タイトル:おやすみ泣き声、さよなら歌姫<通常盤>
アーティスト:クリープハイプ
注文数量:1

タイトル:flowering<通常盤>
アーティスト:TK from 凛として時雨
注文数量:1

タイトル:na
アーティスト:SAKANAMON
注文数量:1

タイトル:Ave Materia
アーティスト:People In The Box
注文数量:1

タイトル:DAY
アーティスト:group_inou
注文数量:1

こんな感じ。

いやぁ随分長いことCD買ってなかった。
前回はあれだ。すと〜り〜ずだ。


届くのが楽しみだけど、
買ったらすぐに聴きたい派だから少しそわそわする。
TKのソロ期待してるよりすごいよさそう。

相方がハンターの新刊を読んでいる。
私は昼休みに読んじゃったけど。
ワンピースも面白いけど、ハンターはドラマが濃い気がする。
いや、ワンピース大好きなんだけども。